月別アーカイブ: 2015年1月

福島県立大笹生養護学校でのワークショップ報告記

10433777_722746587833377_7976926558038946417_n

福島県立大笹生養護学校でのワークショップから戻ってきました。とっても楽しかったです!!
すこしばかりご報告を!
いつもの事ですが、私は初め緊張していましたが、子どもたちが素直で可愛らしく、すぐに心開いていてくれたので、とても楽しく制作することが出来ました。(^o^)
作品は学校が位置する福島の大自然をテーマに【生き物たちの いぶく森 ~大笹生編~ 】としました。みんなが山や森でや見たことのある「生き物(動物、虫、植物、また想像上の生き物)」について質問すると、「猿、ニホンカモシカ、ミヤマクワガタ、ヘラクレスオオカブトに始まり、恐竜、ライオン、トカゲ・・など」たくさんの答えが出てきました。(^^)
また、「それらはどんな動きをするのかな?」と質問すると、みんな全身を使ってのっしりのっしり歩いたり、動物の物真似して教えてくれました。
ここから出てきた「生き物たちの<動き>」を絵の中に描いてもらったのです。

この緑の森の絵の中に、まるで鹿や、猿や、クワガタや、蜂や蝶が隠れているようでしょ。(*^^*)どこを上にしたいのか、下にしたいのか、、絵の向きもみんなで決めました。(#^.^#)みんなの中では、もうなにか風景が見えているんですね。

「いぶく森」、、、息する、呼吸する、、、いのちの森、、。
今回私がみんなと一緒に考えたかったのは、呼吸するように静かに、変わらずそこにある自然(森)のありがたさ。大切さについて。。です。

振り返りの時間で先生たちから聞いたのは、
・普段集中できない子が、ものすごく集中していた。
・普段あまり発言しない子が、自分からどんどん話していた。
・説明しなくても、自分から絵の具を選んだり制作に取り組んでいた。
・興味がそれて走り回る子が居なかったのが驚いた。
と。

なんといっても「次いつ来るの?」と子ども達が聞いてくれたのが嬉しかったです。(#^.^#)

ワークショップはライブです。今回は取材の方も多く、子どもと同じくらいの大人が周りにいましたが、なんだかその見学している大人も含めて、とてもふんわりしたいい雰囲気が生れていました。これはなんでしょうね。。。自分の力だけではないんですよね。。皆さんが作り出してくださった雰囲気がとてもよかった。。。

お土産にと、子ども達がつくった石鹸と和紙のカードをいただきました。
まだまだこれからですが、この仕事で生きていくと決めてよかった。っと思いました。

帰りの新幹線では緊張がほぐれ、直ぐに寝落ちしました。

いやー、幸せな時間だったぁ~。(^o^)

10487189_722740271167342_4328659436311679878_n1926668_722736601167709_7844214139506639097_n

1979763_722741241167245_7955765638490006763_n10405256_722741967833839_2375397723455356583_n

DSC_9676mini DSC_9673mini DSC_9672mini DSC_9685mini

「トヨタ・子どもとアーティストの出会い」 → http://artists-children.net/activity/

ARTS for HOPE → http://artsforhope.info/

『トヨタ・子どもとアーティストの出会い』

明日は、『トヨタ・子どもとアーティストの出会い』http://artists-children.net/activity/というプログラムにて福島県立大笹生養護学校でワークショップをさせていただきます。

このお話を持ちかけてくださったアートコーディネーター(ARTS for HOPE http://artsforhope.info/)  の方が、たまたまアトリエの前を通りかかり、入り口に飾っている作品をみてお声掛けくださいました。この作品は、昨年の6月に2,3歳児の親子6組が制作した「雨にぬれたすべり台」という作品です。
子ども達の描いた絵が、自分に新しい仕事の展開をプレゼントしてくれました。
大笹生の子ども達とどんな時間がすごせるだろう。。ドキドキとワクワクで胸がいっぱいです。(#^.^#)

1422363146748mini 1422363162769mini 1422363245968mini

獅子舞づくり(平日クラス)

平日クラスの「獅子舞づくり」がエライ面白い事になっているので写真をアップしたいとおもいます。
子ども達は楽しい事にはものすごい集中しますよね。(#^.^#) 獅子舞づくりは、4歳から小学4年生まで制作しました。
幼児のクラスでは「獅子舞」といってピンとこない子もいるので、「自分を守ってくれる獅子(想像の生き物)」というテーマで行いました。自分と一緒に悪いものと戦ってくれる正義の味方だったり、三つ目の鬼だったり、自分と一緒にお料理してくれる頭の上にうどんをのせた?優しい獅子だったりと、思わず笑ってしまう愉快な獅子がたくさんできました。
「おもわず笑うってしまう。」っていいですね。元気がでます。

小学生は「舞」の部分も表現しております。(笑)なかなかいいポーズです♪

さあ、今日も頑張ろう~。

DSC_9612DSC_9616DSC_9617DSC_9542DSC_9536DSC_9502

DSC_9507

「 のびのび書(描)き初め - 白と黒と虹色の世界 – 」 と親子クラスについて

1月のテーマは「書(描)き初め」です!

 親子クラスでは、ホウキにタワシ、大きな手作りの筆を使って思いっきり描きました♪(^^) うさぎさんのようにピョ~ンピョーン、ヘビさんのようにニョロニョロ~、ゾウさんのようにドッシンドッシン全身でッ!力強い線がかけました。

途中と最後に見立てあそびもいれて、みんなで「あ、怪獣がいる!」「あ、ゾウさんが水をふいているよ!」「電車が通っているみたい!」「お母さんとあかちゃんがいるね。」などなど、いろんな形が浮かび上がってきたようでした。創造力が働いている時間ですね。(#^.^#)今度は絵を横にしたり逆さまにして再び見てみると、また違って見えました。 (*^_^*)  今回のワークショップでは珍しく作品も持ち帰れたので、「自宅でかざりたいです。」と親御さんも大喜びでした。お母さんやお父さんと一緒に制作した経験は、きっと作品以上にお子さまにとって嬉しい体験になったと思います。

親子クラスでは、(幼児クラスも親子での参加もできるプログラムもあります。)親御様にも参加して楽しんでいただいています。また月齢の差が出やすい時期です。「うちの子、じっとしていられるかしら?」「楽しんでくれるかしら?」と心配される親御様も多いですが、「出来なくていいのです。」(^^) 初めていらっしゃると場所見知りもします。絵の具で汚れるのも嫌だったりします。そんなことは全然気にしなくても大丈夫です。場所は何度か来るうちに慣れてきますし、絵の具で汚れるのは嫌いのままでもいいと思います。その子にはその子の良さが必ずありますので。(^^)アトリエでは無理強いはしません。その子にとっていろんな体験のうちの一つあればいいと思います。様々な感触に触れる、多くの色や線を見る、作品が変化していく様子を感じる、大好きな親と一緒の時間を過ごす・・。きっとどこかの部分で子どもなりに何か感じ取ってくれているとおもいます。(#^.^#) 作品の完成ではなく、過程を見守ってあげてくださいね。

IMG_1079IMG_1032IMG_1066②DSCF3515mini④DSCF3525mini⑤IMG_1078

アトリエのスタッフたちと

IMG_1092mini

先日、創造アトリエ大きな木のスタッフたちと新年会をしました。
日頃はワークショップの準備や片付けでまともに話す時間がないので、こんなふうにゆっくりと話せる時間をつくることもいいものです。(^^)

昨年4月のOPEN時より手伝ってくれているMちゃんはずっと勉強してきた保育士の試験に受かり就職も決まり、春にはアトリエを旅立ちます。
入れ変わりで入ってくれたmちゃんやCちゃんはそれぞれの作家活動をしながらちょくちょく手伝ってくれます。昨年の夏ごろから平日クラスを手伝ってくれているYちゃんも同じく作家として活動しています。この日は参加できなかったSちゃんも実際に子どもの現場で働いている人。みんな素敵な人たちです。

 私一人だけでは素敵なものはつくれません。
みんなの意見や、考えや、サポートがあってやってこれました。心より感謝しています。今年も創造アトリエおおきな木はさらに元気にやっていきますよ★
これからもどうぞよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。

あわただしく過ごした年越しで、ブログの更新も久しぶりですが、本年もどうぞよろしくお願いします。(#^.^#)平日クラスでは、実験的なことを試みる機会がおおく、また、自分たちの「やりたいこと!」を中心に行っています。わたしはそれをサポートする役目です。週末の単発クラスでは、参加したくて集まってくれるみんなが集中して「今日はこんなことにチャレンジしよう!」という意気込みで取り組んでくれています。どちらも別の意味合いをもった大切な時間が流れています。

今月は、平日のクラスも、週末のクラスもお正月にちなんだ内容です。今日の幼児クラスではマーブリングで染めた和紙をつかった凧作り。試作の段階では、クルクルまわってなかなかうまく飛ばなかった凧でしたが、改良して小さな子でも簡単につくれてよく飛ぶ凧になりました。小学生のクラスでは獅子舞づくり。どれも個性的で素敵です。ものすごい集中力で1時間半で仕上げました。素晴らしい!鬼のようでもあり、獅子のようでもあり、ナマハゲのようでもあり・・、年中行事に使えそうなものが完成しました。(#^.^#)

10730944_763008300449917_7738467535840712867_n (1)

1421240177201 10931513_763008693783211_326717728078810128_n

「 2015 もじもじひつじ は どんなかお -白と黒と虹色の世界- 」 講師:はなてる

1月のテーマは「書(描)き初め」です。(^^) 今回は、幼児対象クラスと、小学生対象クラスにて、書道家であり絵描きのはなてるさんをお迎えしたスペシャルなワークショップをおこないました♪

はなてるさんは実は大学時代からの友人です。昔から「自分とはなにか?自分を愛すことができる術はなにか?人の為に自分は何ができるのか?」探し続けている人でした。月日が彼女を成長させ、いまでは書の世界だけでなく、絵本の挿画、イラスト等様々なジャンルから引っ張りだこです。(#^.^#) 現在は逗子にアトリエと住居を構える彼女ですが、今回のワークショップの為に2日間、川口の我が家に滞在してくれました。

ワークショップでは、書道道具や使い方の説明からはじまり、自ら墨を磨り自分の名前を書いてウォーミングアップ。本番では、大胆に「羊の象形文字」を書きました。墨が乾いたら、この上にオイルパステルで羊の顔を。(これがのちに作品の一部となります。)次に大きな紙に羊のふわふわの部分を全員で描き乾かし、紙を裏返して着彩。再び紙が乾いたら、先ほどの羊の象形文字を羊が隠れていそうな部分にペタリ!完成!

とってもワクワクいっぱいの素敵なワークショップでした。はなてるさん、有難うございました。是非また来年も企画したいです。みなさんお楽しみに♪♪(#^.^#)

①150110_hanateru_aEFBC91-thumbnail2 ②10926333_594608364016314_5847410226141444210_o SONY DSC150110_hanateru_a6-thumbnail2 SONY DSC SONY DSC

最後に2人でパチリ。二日間で4本のワークショップ、本当にお疲れ様でした~。ヽ(^o^)丿