月別アーカイブ: 2017年3月

【はじめての卒業生】

アトリエはこの春で4年目を迎えます。
workshopを仕事にして12年。しかし、アトリエ(クラス)をもつということは、制作すること以外に、お互いの信頼関係を築きあげることも深くなってきます。
信頼関係がどこまで築くことができているかが、どんな作品が生れてくるかにも、とても関係していると最近感じています。

3月は、様々な理由でアトリエをやめていく子がいます。一人ひとりに対して、その子の作品も含めて思い出があり切なくなります。

そして今年は、初めてアトリエの卒業生を送り出します。

四年生から来ている彼は、3年間のあいだに、少年から青年へと成長していきました。写真は、彼が五年生の時に自らデザインした椅子です。一ヶ月半かけて作りました。家具職人の夫にも協力してもらった特別なレッスンでした。この椅子をとても気に入っていて、今でも自分の部屋に置いていると言っていました。

卒業生を送り出す気持ちとは、こんなものなのかと、
甘酸っぱい気持ちになりながら、桜の満開を待っています。

この後も、たくさんの卒業生を送り出せるように少しでも長く、長く、この場所で続けていけるように…。
子ども達とともに自分も成長していきたいと思います。

(集合写真はぼかしています)

創造アトリエ おおきな木
http://www.ookina-ki.net/

 

【「木の実にベット、種にお布団。」何になるかは人それぞれ—】

本日の2・3歳児親子クラスでは、木片に色を塗ったり、フェルトの端材や木の実、そして針金をつかっての制作でした。

モビールになることもあるし、オブジェとしてもいい。というスタンスでおこないました。

 針金はとても興味深い材料です。曲げたり、つなげたり、引っかけたり、ビーズを通したり…。この時期の子ども達にとって遊び繋がる要素が多い事、そして3次元へ広がる大きな扉の様な素材だと感じます。1時間以上、飽きることはありませんでした。

できるだけ親御様には、

「手をださないように…。」
「”こうしなさい”とは言わない様に…。」
「ペースがちがっても急かさない様に…。」
「まわりの子と全く違った方向にいっても、それはその子ならではの素敵な感性の証拠。”ちがう”と言わない様に…。」

そうやって一緒に共通の認識をもって見守っていただいています。

自分で出来た喜びは、自信になり、自信が持てると不思議と、まわりもよく見るようになります。

みんながモビールに仕立てる中、
「これは、ぶらさげない。お魚釣りにするの。」
と決めた子がいました。
木片の上にくっ付けた木の実や種に、お布団を被せ、お部屋に見立てたかと思うと、最後には「お魚のお母さん」になりました。

制作の時間の中でめくるめくイメージが広がる…。

そんな素敵な時間を大切にしてあげたいですね。

【自力の喜び】 シルクスクリーン②

どのクラスも、ものっすごく、静か…。(#^.^#)

バックが続々と出来上がってきました。
生地作りから始まったバックの制作も2週目。

裁縫は初めての子がほとんどでしたが、とても根気よく集中しました。(1年生も縫えました!!)
「なんでミシンじゃないの~!」
と始めは不満そうでしたが、手縫いに慣れてくると、逆に楽しいようでした。(^^)

とくに男子はスイッチが入ったらとてもこだわります。開封口のスナップボタンまで自力でつけていました。
お見事!!

まっすぐ縫えなくても、
ザクザク縫いでも、
ボタンが取れそうでも…、
自力で作った喜びは、なにものにもかえがたいですね。

かっこいいな。^^

 

シルクスクリーン①(小学生クラス)

小さいサイズが練習用、大きいサイズがバックになる予定のテキスタイル。個性派揃い。
こちらが伝える説明や手順をすっ飛ばして、どんどん自分たちの展開を。その勢いがもう、たまりません。

迷いなくどんどん進む子、ものすごく慎重に考える子。
どれもこれも、「らしい」と思えるものばかりです。(#^.^#)

動くトイづくり

幼児クラスの作品たち。
作品から自分達が楽しめたことが伝わります。(*^^*)
春から一年経ち、制作することに慣れてきた感じがします。
お喋りな子も、おとなしい子も皆、いろんなことを考えながら自分で色を作り、こだわってあるべき場所にその色をのせている—。
ステキだなぁ~。

シルクスクリーンでバック制作。

ゆっくりクラスのお二人さん、バック完成しました!(*^^*)

昨年戸田市にあるアトリエにこりの高橋先生(テキスタイル作家さん)のところで教えていただいた、シルクスクリーン。なかなかチャレンジできずにおりましたが、おおきな木のアトリエでもやってみることにしました。(^^)

1工程目では、布を自分達のデザインでシルクスクリーンし、2工程目の本日は手縫いで袋にチャレンジ!
「針が怖い!」というので、先の丸い毛糸の閉じ針を何度も触って怖くないことを確認し(ここが一番時間かかりました。(^^))慣れてきたら私が針を刺して、子供達が針を抜き糸を引っ張る…の繰り返し。
ハサミで裁断したり、ボンドで留めたり、一時間頑張って完成~!!

お迎えに来たお母さん達もびっくり。(*^^*)

あー、ステキだなぁ~。

来週は、いよいよ小学生クラスのみんなもチャレンジです。どんなものが出来るか楽しみです。(^^)

※写真は許可を頂いて載せています。

「空間を意識する」ことについて

もうすぐアトリエを卒業する6年生がいます。アトリエがスタートしてすぐにやってきた彼は第一期生で、初めて卒業を見送る子となります。あと3回しか会わないと思うと、何について伝えておこうか…と考える日々がつづきます。

今日は「モノの形」から「空間」へ移行して見ることについて、その面白さ、美しさ、緊張感などを意識してもらいたいと思い、枝をつかったクロッキーと空間彫刻の制作をおこないました。

私自身が学生時代より、野外彫刻の世界にあこがれていたこともあり、今日の制作には興奮しっぱなしでした。フリオ・ゴンサレスから、アンソニー・カロ、デイビット・スミス、エドアルド・チリダ、イサム・ノグチ、塚脇淳など…、空間彫刻家の写真資料を眺めながら、皆で気に入った作品を見つけ、その面白さを伝え合ったり、一人づつ順番に枝を繋ぎ合せ、そこに出来た隙間や空間を描きとるクロッキー通して、意識を深めていきました。

 その後につくった作品のなんと素晴らしい事か!
立体の作品は360度違った表情をします。皆でお気に入りの角度を紹介し合いました。作ったものは彫刻作品ですが、「空間」を意識することや、様々な角度から作品をみようとする「視点」は、生きる上で応用できることだと思っています。

子ども達にとって、アトリエで過ごす時間は、人生のうちのほんの小さな点にしか過ぎないけれど、その小さな点が彼ら彼女らの中で大切に残ってくれるように…、その点が別の点へと繋がってくれるように…、常に意識してこの場所(アトリエ)を育てていきたいと思っています。