月別アーカイブ: 2018年9月

特別レッスン「クレイアニメーション編 報告①」

おおきな木では、来春に卒業する子が在籍するクラスにこの時期、毎年ゲスト講師をお招きした特別レッスンを企画しています。

様々な大人がいること、自分達の興味のあることの先に、どんな仕事や生き方があるのか…。その一部を見せたいという思いから2年前から始めました。

今年は一つのクラスに、岡江真一郎さん(映像作家 / アニメーション作家 / 音楽家)をお迎えしました。
Eテレのアニメーションを一部担当していたり、地元川口市のメディアセブンでもお仕事されておられるので、こども達にとっても、身近に感じられるようです。

今回は、クラスのみんなが興味ありそうなクレイアニメーションの制作をお願いしました。
そして、岡江さんの提案で「川口の民話」をテーマにしようということで、夏休みにおじいさんおばあさんに川口に昔から言い伝えられるお話や、地域にまつわる話をリサーチしてきてもらいました。
地元を知ることで、少しでも子ども達が地元に興味をもったり、愛着をもつ切っ掛けになればいいなと…。

早速9月から特別レッスンが始まっています。(計6回を予定)懐かしのパラパラ漫画をつくってアニメーションを理解してみたり、簡単に粘土を形作ってコマ撮りを動きの確認をしてみたり…、楽しすぎて毎回レッスンがあっというまです。

次回はいよいよスト―リーづくり。
完成後はアトリエ展にて展示上映します!また時々経過報告します!

■ 岡江真一郎さんHP http://shinichirookae.com/

□ 川口市メディアセブン http://www.mediaseven.jp/

【子育てをしている親、多感で多様なこどもと関わる教育関係者、また、人と関わって生きている私達だれもが、ここから学ぶべきものがある】

先週、Antenna Books & cafeココシバで開催された川口市にある障害者福祉施設「工房集」の「ここからつながるアート」展とトークイベントに参加してきました。

工房集さんのトークはもう何回も聞いていますが、今回は、これらの魅力的な作品達がどのようにして生れてくるのかに重点が置かれつつ、そこから見えてくる「彼らを取り巻く環境」こそ、今、我々が求めているものではないだろうか…と感じたので、ここに記することにしました。
「彼らを取り巻く環境」と書くと
社会的な問題というのも同時に浮かぶのですが、今回は、彼らを「サポートする人達(彼らと共に生きる人達)」について書こうと思います。

*工房集についての詳細はHPをご覧いただき、ここでは割愛します。

最近目にする機会が増えいる、障害のある方が描く絵や作品(アール・ブリュット(仏)やアウトサイダー・アート(英)と呼ばれています。)
それらの魅力的な作品は、どのような環境のなかから生れてきたのだろうか?
私が福祉に関心をもつ切っ掛けとなったのは、もう15年程まえになりますが、彼らの作品が切っ掛けでした。
工房集には障害者福祉施設には珍しくgalleryがあります。そこに展示されている作品から、こみ上げてくる感動と共に、なにかもう自分の無力さで崩れそうになるほどの衝撃をうけたことをハッキリと覚えています。

色の複雑な重なりや、無数の線の集合、絡み合った糸や、ビッシリはめ込まれた無数のガラスの欠片…
そんなシンプルな行為の、ともすると軌跡のようなものから、ただならぬモノを感じ取ってしまったのです。

そこで、おそらく多くの方が思われるのではないかとおもうのですが、これらの作品は、はじめからこのような独特なスタイルで生れてくるのか?ということです。

集のHPにも載っていますが、既存の仕事に合わなかった重い障害をもった人達が集められたところから、工房集が始まります。
彼らにどんな仕事ができるのだろう。人生の中でも大半を占める仕事の時間。少しでも彼らの生きづらさから救えるものとは何だろう…?と模索しつづけた施設の職員たちは、ある日、目を輝かせてイラストを描く姿を目撃する。
「これ(絵)を仕事にするしかない!」
その後、あらゆる素材を提案し、彼らの一瞬の目の輝きを逃さず、リアクションを読み取りながらの長年の年月をかけて彼らにとって最適なスタイルを見つけ出してゆく…。

当日のトークでは数名の方を例に挙げられていました。
ある人は、絵を描くことは好きではなかったが、文字を描くことには反応した。職員は書をすすめた。毎日四六時中隣に座って紙を用意し、本人が文字を描くを繰り返していた。ある時、職員がすこしばかり席を外し戻ってくると、同じ紙に文字が何重にも重ねて書かれていた。
「これは面白い」とおもった職員は、こんどは墨ではなくペンを渡した。そして、破れにくい紙に変えた。彼の興味や関心事に心を寄せ、彼の動きや反応を敏感に捉えてゆく…。そうやって生まれてきたのが、文字の集積作品となる。彼の作品 → http://kobo-syu.com/a…/%E9%BD%8B%E8%97%A4%E8%A3%95%E4%B8%80/

また、ある人は周りがどんどんと自分のスタイルを見つけて作品作りに夢中になっていく姿に焦りを感じ、もがきつづける。自分にはできない。でも自分も生きがいをみつけたい。。そんなもがき続ける姿に寄り添い、ときにはぶつかり合い、問う「あたなたは、どうなりたいのか?」と。そんな彼女の作品 → http://kobo-syu.com/a…/%E6%B8%A1%E9%82%89%E3%81%82%E3%82%84/
(その人の個性や、障害のタイプにもよって、関わり方を考えているとのこと)

これらの話しは、ほんの一部にしか過ぎないのですが、
彼らの個性や魅力を引き出しているのは、

彼らをサポートする職員たちの、障害をもった彼らの幸せを常に願い、共に喜び合い、また「私達のほうが、彼らから生きる喜びを教えてもらっているんですよ。」と思わず会話からこぼれてしまう程の、心からの繋がりや信頼関係にあると思うのです。

そして、この関係は、障害を持った方と施設の職員だけの話ではなく、子育てをしている親、多感で多様なこどもと関わる教育関係者、また、人と関わって生きている私達だれもが、ここから学ぶべきものがあると強く思ったのです。

話しをうまくまとめられておりませんが、これらの話しを詳しく、また読みやすく纏められた本もありますので、おススメします。数時間あれば一気に読めます。後半は、美術の専門的な内容も書かれていますが、とてもわかり易くそして、普遍的です。

以下の場所で購入ができるようです。

■工房集   http://kobo-syu.com/
□さわらび舎 http://www.sawarabisha.com/
■Antenna Books & cafeココシバ http://cocoshiba.com/

鑑賞の楽しみ方

「こどもと絵をどうやってみたらいいのでしょうか?」
「ついつい題名や添えられた略歴やエピソードをそのまま子どもに伝えてしまうのですが、子どもが嫌がります。」

絵画展など、親子で一緒に観に行った際に、とくに抽象的な絵を前にした時に、自分もどうやってみたらいいのか分からない。。とおっしゃる親御様がいらっしゃいます。

なんだか難しいことが描いてある。とか、間違った解釈をしていいのだろうか。特に「無題」や「No. 」などど書いてあるものは、もっと??となってしまうのではないでしょうか。

題名やその背景を知ることも楽しみではありますが、もっとシンプルでいいと思っています。
「この部分がこう見える。」
「あっ、あれにも見えてきた。」
「あそこに、なにかがいるような気がする。」
「なんだか、吸い込まれそう」
「絵が踊っているみたい」…

心から感じたことを親子で会話することが大切かと思います。同じ絵をみて、お互いに違う感じ方をしていることや、そんな見方もあるのか!と一緒に盛り上がっていけると関心が深くなってくるものです。

そこから、題名や背景に結び付けることも必要ないと思います。見る側が自由に観て、なんか好きだな。気になるな。これはあまり好きでない…。色々と感じ取ることが鑑賞を楽しむ第一歩かと思っています。

それと、無理して全部の絵を鑑賞しようとしないこと。
(コレ、結構大事です。気になった数点を選べば十分かとおもいます。)

実は、少し前に幼児クラスさん達とおこなった
「自分の衝動やヒラメキを大事にする絵」という制作を先日、小学生のクラスでも行いました。

すぐに自分の感情を出せる子と、時間をかけてゆっくり開いていく子もいるので、始めは幾つかのルールを決めて数枚描きました。それでも同じルールのなかでも全く違った絵が出てきます。そして出てきた絵をシャッフルして、一枚一枚紹介しました。写真はみんながそれらの絵を鑑賞しているところです。

一定方向から見るだけでなく絵の向きを変えながらまたみんなで鑑賞します。はじめは私が前に立ってみんなに聞いていましたが、その内、僕が私が!とファシリテーター役をやりたがります。自分がファシリテーター役になると、さらに張り切って人の意見を求め、また自分もその気になっているようでした。^^

「う~ん、なんだか森に見えるね~」
「動物がかくれていない?」
「アスレチックみたい」
「楽しいってかんじだよね」

「夜みたい」「宇宙とか?」
「吸い込まれそう」
「静な感じ」

「なんだか嫌な感じ」
「どの辺が?」
「オレすきだなー」

などなど…

もう、鑑賞の時間が終わらなくなります。^^

そうなってくると、こども達もどんどん心が開いていきます。鑑賞の後にみんなが描きだした絵は、もうなんだか欲求のまま、そしてヒラメキの連続でした。

一枚の絵に何十分もかける子、何枚も何枚も描く子…
とにかく目つきがちがう。

この日は、ポロックやロスコや日本の抽象作品もたくさん鑑賞しましたが、同じようにさまざまな感想が飛び交いました。

制作だけでなく、作品の見方も自由に柔軟に。
まずは、そこからでもいいのではないでしょうか。

そして、親だからといって正しい事がなにか?と思い悩むことでなく、
同じ目線で感動し、喜ぶことのほうが、きっと子どもにとっても楽しい時間になるのではないでしょうか。(^.^)

 

出張アートワークの記録(開智小学校アフタースクール)

以前、出張アートワークで伺った開智小学校アフタースクールでのことを担当者が紹介してくださっていたことを今頃知りました。^^;
記録とは思えぬほど写真がとても美しく、そして、スタッフの方のコメントが素晴らしく、ちょっと感動してしまいました。(センスのある方だとおもいました。)
こども達の制作過程をよく観て、そして作品を例える言葉の使い方がとても美しいなと。そして心から感動されていることが伝わってきました。

学校内の様子は個人的には記録できなかったので、よろしければこちらからご覧ください。(^^)

http://kaichisougou.xsrv.jp/afterschool/5-28%EF%BC%88%E6%9C%88%EF%BC%89%e3%80%80sp%e3%80%80%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%8C%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%8A%80%E6%B3%95%E3%81%A7%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-482.html

それぞれのクラスの特徴

高学年水曜日クラス
こちらは学年も学校も多様なクラス。
いつも制作中ものすごく静か。でも作品はとてもおしゃべり。

クラスによって全く雰囲気が違う。

静かなクラスは伝えたいメッセージや、モチーフからの情報を子どもなりに咀嚼しようとしているのがわかる。そして真摯に制作に向き合っているのがわかる。

元気いっぱいなクラスは、脱線も含め、意外な方向から制作に向かってくることがあるので、新しい価値観が生まれることがある。

同じ事を提案していても、伝わりかたも受け取りかたも違う。
それが、どのように活きていくのかも、きっと違うのだろう。

面白いなぁ~。

 

茄子の量感画(臨床美術)

この時期は身近なスーパーにもユニークな茄子が並びます。思わず描きたくなったので、久しぶりに量感画をやりました。(臨床美術プログラム)

高学年クラス月曜日。
今日から新学期が始まり、みんな学校の話題でザワザワ落ち着かず…。^^;

15分くらい全く話し声が聞こえなくなったつかの間…に、おそらく集中して描いたのでしょう。うん、よく描けてる。^^

複雑な色を見つけて、重ねて作り出す茄子の表皮や質感。

生の茄子にかぶりつく。
クンクン匂いをかぐ。
そんなのは、言わなくても自らする。^^

よく観察するようになってきたなぁ。
色んな道具を使ってチャレンジするなぁ。
つまずいても諦めなくなったなぁ。

と一人一人の成長を感じられた瞬間でした。

写実を追求することを目的としているわけではなく、

よく観察して、
自分が感じとったことを、
描いていく中で、
絵に豊かさが生まれる。

なかなか友達の前での照れくささもあるのか
素直になれない年頃の子供達ですが、

繰り返し伝えていきたいと思う。