カテゴリー別アーカイブ: 親子クラス

久々のアトリエの様子

トイレットペーパーでこんなにも興奮するのか!!というほどの、幼児さん達。^^
紙粘土を自分で作れるって嬉しい。
紙皿には、「ここはイチゴ、これはブドウ…、アイスクリームにはチョコチップがはっていて…」とぶつぶつ言いながらのせていたり、ポケモンや動物、木や虹だったり。

【藍の生葉染め】

今回直前のキャンセルが多く心配しましたが、SNSで緊急募集したところ、おかげさまで満席となり、大変盛り上がりました。

藍の生葉染めは、フレッシュな藍の葉を使います。そして、葉っぱに含まれるインジコをもみ出して藍液をつくり、生地に移し、空気中の酸素や太陽の光をあびて酸化させインディゴにします。
予報では雨でしたが、今回2日間とも天候に恵まれて、みなさんの藍染は大変綺麗な空色に染まりました。大人の方の参加者も多く、持ち込まれたTシャツやスカーフなど、素敵に染められていました。

子供と一緒に、大人も夢中になって楽しまれている姿、いいですね。

次回の1dayクラスは少し先の12月となりますが、大人も参加できる「しめ飾り」を企画します。藁を締めてしめ縄を作るところから行います。地道な作業は大変ですが、完成したときの清々しさは格別です。お楽しみに。

協力: 肥留間農園

【学校ってもっとバラバラでもいいんじゃないか?】

本日、世界的にも有名なファッションデザイナー中章(なかあきら)氏の小中学生向けのWorkshopを見学してきました。

主催は「多様な学びプロジェクト」
学校外で学ぶ子の育ちを支える活動をされている団体です。
多才なこども達がゆえに、平均的で、一定のみえない枠がある日本の学校に居場所を見つけにくい彼ら。将来のイノベータ―となるような彼らに、様々な出会いや体験の場をつくっておられます。

そんな素晴らしいWorkshopの存在を知り、おおきな木に通う生徒や、隔月に開催している1dayクラスに参加している子ども達の中で、デザインに興味をもっている子、また熱心に制作活動をしている熱いものを持っている子達に声をかけて参加を進めました。

そして、Workshopの様子を見ていて思ったんです。

枠にとらわれない生活をしている子って、発想がぶっ飛んでる!非常に柔軟で魅力的だなって。そういうところに、イノベーションが生まれるんだな。って。

自分の生み出すものが周りと違う事を恥ずかしいと思う雰囲気のある学校って一体なんだんだろう?って。

もっと人と違う自分を堂々と見せられていいんじゃないかって。

制作の後のデザイナーからのコメントがまたとても素晴らしく、一人ひとりの良さを作品の細かい部分から見つけだし、専門用語も含めながら、とても豊かな言葉の表現で子ども達を称賛されていました。それを受けとめる子ども達の嬉しそうな目。。

本日参加した子達はきっと、他の子ども達の作品から衝撃と刺激を得て、忘れられない一日となったことと思います。

様々な経験が出来る子どもは、それも才能だとおもうんですよね。お金をかけるということではないです。周りの人達の広い視点なんです。ちょっとした気持ちなんです。

すごく気分がいい。

■ 中章氏 https://www.fashion-press.net/brands/573

□ 多様な学びプロジェクト https://www.tayounamanabi.com/

【居場所をみんなと一緒に考えたい!】

我々なりに、学べること、取り入れられること、気づける時間になるようにと企画しました。

今回のナビゲーターである戸沼さんは、フィンランドのスペシャリストであり、市の図書館運営審議員でもあります。我々の街の図書館を居場所として利用できるようなアイディアをみなさんと一緒に考えていきたいのです!

そして、自分達の生活や活動の中でも活かせるヒントとなると思います。

様々な立場の方、様々な考えや意見をお持ちの方、これから考えたい方にご参加いただきたい!

宜しくお願いします。

 

『 ~フィンランドの図書館から考える わたしたちの居場所づくりin 川口~ 』

(「今月の1dayクラス」のページに詳細を記載しております。)

68901083_2424920621073761_7585620549267619840_n

【他愛のない会話の時間もなんかいい】

春からどのクラスも、三原色で色の実験を続けていました。絵の具や、粘土、学年によっては(和紙を使って色の重なりを体感)、三原色で様々な色に変身することを、からだが覚えるくらいやりました。
 
 色の実験は、それはそれは魔法のようにワクワクするもので、
「私の好きな色ができた!」
「●●な色ができた!」
「見てみてッ!こんなにたくさんの色がつくれた!!」といった具合にそれはそれはもうワクワクしっぱなしです。
 
高学年には雑談の余裕もでてくるので、時折面白い話題で盛り上がります。昨日のクラスでは、学校のプールの様子を話題にしていました。
「俺の学校、プールのシャワーは半端なく冷たいんだよ!だから寒ーいの!みんなの学校はどう?」
「うちはあったかいよ!」
「マジ?温水??」
「いや、太陽のせい!」
全員:(ワハハ)
「俺の学校は冷たいけど、うまくシャワーの出ないところを通って過ごしてるから!」
全員:(ワハハハッー)
 
次の話題は、兄弟姉妹の自分はどの部分なのかについて。
「みんな兄弟いる?」
「おれんち4人兄弟の一番上」
「私は下、お姉ちゃんがいるけど、全然遊んでくれない。遊んでくれる、兄ちゃんが欲しかったな~。」
「うちのお兄ちゃんいるよ。一緒に人形であそんでくれる。でも、私はお姉ちゃんになりたい。そして、一緒にあそんでげたい~。」
「兄ちゃん、人形遊びにつきあってくれるの?スゲーな!」
「お姉ちゃんになりたいの、わかる~!」
続く…
 
と言った風に、どのクラスも、制作に余裕のあると、兄弟姉妹や、学校の話が話題にあがる。時々、「嫌な事があってさ…」なんて話題が出てくることも。
 
クラスによっては全員が他の学校であったり、学年が違ったりします。
その中で、話題を共有することで、なんとなく共感したり、意見を聞いたりしてるようです。
 
好きな事に没頭しながら、時々、他愛のない話題で盛り上がっている彼らを見ていて「幸せな時間だな~。」ふと思いました。
 
大人になった今、目をつむった時に、自分が幸せを感じていた記憶は、何か大事なことを教えてもらったことよりも、「自分が自分でいれた場所」なんですよね。
 
自分の時間感覚で生きるって、とても幸福な事です。
 
アートを通して伝えたいことはたくさんあるのですが、
そこに偏らないように。。
 
幸福に満たされた彼らの作ったものは、とても素敵な世界観が出ていました。

色水あそび

なんて素敵なんでしょう~。出来上がりにうっとりします。^^
年齢関係なく誰もが大好きな色水あそび。今週は全クラスで色水遊び(実験)です。^^
三原色+白だけで生まれる無限の色にワクワク。
本日の2.3歳親子クラス。
とことん色水作りを楽しんだ後は、シャボン玉が舞うようにスポンジをポンポンしたり。絵の具が画面にたまる様子に、「ピチャピチャ(水たまり)」だと筆やスポンジでさらに濡らして楽しんだり。筆洗いの水を「ジャブジャブ(お風呂)」と言いながら遊んだり、色水を容器に戻したり…。時間が過ぎてもなかなか終わらない様子でした。
遊びの軌跡ですが、何ともいえない美しい作品に。^^

2、3歳児さん。

キラキラ眩しい陽射しに負けないくらいの発色。墨で遊んで、色をのせました。

始め黒を怖がっていた子も、お友達の大胆な行為に触発されて、どんどん手が動きました。^^
人から刺激をうけて「自分もやってみたい!」と思う。こういうところが、場を共にする良さですね。

また、途中で紙を縦にしてあげると(起こしてあげると)、さらに手が進みます。これは、絵の全体が見えてくるからですね。
学生や大人だって、一度手を止めて立ち上がって作品を離れてみると、作品の見え方が変わってくるので、いろいろひらめき手が動きます。

小さくても「どっかんッ!ってなってる!(火が燃えてる)」、「ポツポツしてる(雨がふってる)」…、など色々なものを想像して自分のもっている言葉で表してくれます。

親子クラスは親同士の情報交換の場としても盛り上がります。子育てがまだまだ大変で、自分にも余裕がない。。なんていう親御さん達が、一緒に制作に参加したり、おしゃべりしたりと楽しんでいます。^^

創造アトリエ おおきな木
https://www.ookina-ki.net/