タグ別アーカイブ: おおきな木

【それぞれのハロウィンパーティー】

小学生クラスでは毎年この時期にハロウィンパーティーをしています。なかには、一年でこの日のアトリエが一番好き!と全力で計画をしてくる子も!クラスによって雰囲気が違うので、ホラー系になるクラスもあれば、カジノ系の雰囲気を漂わすクラスもあったり、血まみれはノー!ということで、お菓子作りをして穏やかなパーティで盛り上がるクラスもあります。

ホラー系を好むクラスでは、思いっきり仮装したり、ぶっとんだキャラになれるこの機会がたまらないようです。
勿論、キャラになりきることに全力の子もいれば、演出を考える子や、お友達にメイクをしてあげる子、また小道具や仕掛けをつくる子や、この日のスト―リーを考えてくる子もいたり…。

なんとなくチームになって“オチ”をつくり、「お迎えに来る親を驚かす!」という流れになっているようです。

Happy Halloween★

「カボチャマン、変身するッ!」

幼児クラスのハロウィンは、「カボチャマン、変身するッ!」を。

自分がカボチャマンになったなら、こんなポーズだってやっちゃえます。

仮面って不思議。^^

ハロウィン企画第2弾!

【閲覧注意‼️
ハロウィン企画第2弾!
ジャック・オー・ランタンに続き、「リアル・フィンガー」づくりを。
「驚かしたいなら、超リアルに作らなきゃ!」ということで、皆、本気モードに。

石膏の作り方は覚えてしまうと楽しいもので、初めてさわる子達もワイワイと。
そして何といっても、型から自分指が出てくる瞬間に皆、大興奮ッ!

着彩も、普段のレッスンで果物や野菜を描く時のように、物質の成り立ちを想像しながら。
「指の中身はどんな風になっているだろう?」と聞くと、みんな「血ッ!」「骨ッ!」と!
怪我した時のエピソードを聞きながら、指の中身を想像しました。^^

そして、骨→血管→肉(筋、筋肉、脂肪)→皮膚→爪の順番で色を作りながら塗っていきました。下の色が透けてなかなかのリアリティーが出ています。

次回はいよいよハロウィンパーティーです。^^

ハロウィン‼️

今年も皆が楽しみにしているこの時期がやって来ました。
まずはハロウィンのジャク・オー・ランタンを制作。

世界中には様々な形や色のカボチャがあることを知り、皆で作りたいカボチャの色を和紙染めすることに。

子ども達が和紙を干していると、ご近所のおじぃちゃんおばぁちゃんから「キレイな紙やなぁ~。何つくるの~?」と何度も声をかけられていました。^^

笑った顔、怒った顔、おとぼけ顔…。作った本人の人柄が出ていて面白い。^^
どうしても作りたいと、STAR WARSのデススターを作った子も。大人はガイコツ!^^

これらランタンは、最終日のハロウィンパーティーの演出に使います。^^

打ち合わせで感じたこと。

今年も11月30日(土)と12月1日(月)にアトリエ作品展と感謝祭を行います‼️
本日はそのチラシの作成のため、デザイナーの
Lallasoo Poopo Laboさんと打ち合わせ。

展覧会の位置付けは?
展覧会をどう見せたいのか?
誰のためにするのか?

日頃自分で考えていることを、外からの目で意見をもらうことで整理することって、とても重要だなと思っています。一年の一度、活動を軌道調整をする。あるいは、立ち止まる機会にもなっているように思います。

エンジンかかりました‼️

ランチにふらっと入ったイタリアンがリーズナブルなのに物凄く丁寧で感激でした!

作り手の思いが溢れてるものってエネルギーある!

久しぶりに陽射しが温かいので自転車で活動。

https://lallasoo.com

【こどもスタッフ大活躍!】

『越谷てしごと市』大盛況にて終了いたしました。お立ち寄りくださった皆様ありがとうございました。初めて参加した今回のクラフト市でしたが、スタッフ、出店者、会場となる越谷レイクタウン大相模調整池の会場は、風通しの良いとても気持ちのいいイベントでした。

Workshopでは、たくさん用意したつもりでしたが、昼過ぎには完売となり、急遽現場で部材を作りながら対応するほどでした。

そして何よりも感動したのが、6年生のこどもスタッフの仕事ぶり。どんどん自分達で会場を準備し「うん、このレイアウトで納得!」と言いながら、自分達の持ち場をセッティングしている頼もしい姿をみました。

そして、参加した小さな子が、担当してくれた6年生のお姉さんをつかまえて「ありがとうございました!」と言っている姿がありました。

6年生たち、どんな気持ちだっただろう。。

自分の持ち場を責任をもって担当し、
制作の手順を説明し、
「褒め方がわからない、褒めるって難しくて…」と途中わたしのところに助けを求めに来たり、
「せっかくだから全部完売したい!呼び込みいってきてもいい?」と大きな声を出したり…。

熱くなっている姿。

それは、自分達が前日遅くまで、しっかり材料の準備をしたから。

それは、自分たちが、値段を設定し、ニーズを意識したから。

それは、自分達で「子どもスタッフやりたい!」と決めたから。

売上の一部は子どもたちに渡りました。
小学生にお金?っと思われるかもしれませんが、それだけの仕事をしてくれたと判断したからです。

帰りにレイクタウンで、おこずかいを貯めて買いたかったモノを買って帰ったんだ。と翌日1人の子から聞きました。

いいじゃないですか。欲しいモノを自由に買えるって。
しかも自分で稼いだお金で買えるって。

そんな経験がたまにあっても、いいじゃないですか。

同じ内容のWorkshopを何度かしてきましたが、こんなにも違った作品が生れてくる。
企画していると、そんなことが喜びになる。
アイディアは無限にあって、そこには必ず笑顔がついてくる。

またいつか、どこかのイベント会場で。

創造アトリエ おおきな木

 

明日の準備

本日は近隣の小学校で音楽会でした。学校から帰宅してすぐに、明日の「越谷てしごと市」の準備に6年生達が来てくれました‼️お喋りしながらの準備は大変さより、ワクワク感。テンション上がりっぱなしでした。^^

値段をつける際、子たち達が「たくさんの人に参加してもらいたいから、あまり高くしたくない!」と。
こんなに手間かかってるのに、この値段に設定できるのは、こういった好意のおかげなのです
(木の車のパーツは家具職人の夫が作ってくれています。感謝‼️)

明日お待ちしてます。😀

・コラージュバックづくり… 800円
・コラージュヘアゴムづくり … 200円
・組み合わせでつくる 木の車 … 500円

■ 越谷てしごと市https://www.koshigaya-sightseeing.jp/teshigoto/