タグ別アーカイブ: おおきな木

アトリエ開所と「ヒヤシンス」

アトリエの開所を決断し、どれくらい来てくれるのか心配しましたが、結局全員来てくれました。有り余るエネルギーをもって。^^
今週はヒヤシンスを描きました。花がたくさんあると、幸せな気持ちになりますね。エネルギーのつまった球根。そして「立派な花を咲かせるには何が必要だろう?」と質問すると、「水、栄養(肥料)、適度な温度、光(太陽)、微生物!そして、愛情!」だと。^^
「愛情ってどんな色だと思う?」と聞くと、ピンクや赤が多かった。緑や、黒と言う子も。(理由は植物の優しさをイメージする子や、暗黒面にも愛があるからだと。)
そんなたくさんの色が使われています。^^
来週も元気に過ごせますように。
※ コロナウイルス感染予防対策に、マスクの着用必須、定期的な換気、水分補給を促して行っています。使用後の道具やドアノブなどアルコール除菌をしています。
※未就学児のクラスは3月いっぱい休講中です。

ヒヤシンス

ポカポカ陽気ですね。
12月に始めたヒヤシンスの水栽培も、どんどん開花。部屋中が香りたっています。
週明けには皆で描きたいなと。^^
外に植えた、ヒヤシンスとチューリップの芽も出てきました。
今日はそのための試作を。絵を描いているととても心が落ち着きます。
外出規制がいつ厳しくなるか出るか分かりません。卒業する生徒とは一回一回が最後だと思ってとくに大切な時間にしたいです。

コロナウイルスによる社会状況に対して

こんなときだからこそ開所します。(一部を除く)
学校休校、習い事も休講となっている所が多いようです。子ども達は行動を制限された日々の中で心身ともに健康でいられるのだろうか…。
子ども達の行き場のない状況を想像すると、ウィルス感染も勿論心配ですが、心が閉塞していく状況も同時に心配だと考えました。本来、アートが何のためにあるのかを考えたときに、こんな時だからこそ、心を満たし、開放できる場を作ることが必要ではないだろうかと。
■親子クラス・幼児クラス・・・3月末までお休み
■ゆっくりクラス①②・・・通常実施(お休みの希望も受け付けます。)
■小学生クラス・・・通常実施(単発料金で受けたい回数だけレッスンを受けることも可能。1ヵ月全てお休みも可能。)(今後の社会状況により変更になることもあり)
全クラスに参加する・しないを選択できるようにしたいところでしたが、体力的に弱い未就学児は休講にする事にしました。
これらの判断は、日頃、交流している多くの同業種の方々との意見交換、また利用者の方々のご意見を参考にして出した、おおきな木の結論です。
一人でも多くの子ども達、そしてご家族が、安心して過ごしてくれることを願います。

創造アトリエ おおきな木
写真:3.4.5歳児クラス
「卵から なに 生まれる?」

ゾーニング

ゾーニングを意識して教室のレイアウトをすこし変えました。これまでは大きな机に皆で向き合って制作していましたが、ひとりで集中したり、自分のペースで活動ができるようにしてみました。^^ 今後も様子を見ながらレイアウトを考えていきます。
おおきな木では月の最終週はどのクラスも自由制作週間に入ります。みんなこの時が大好き。好みや性格がはっきり出ます。^^

「自分で決めて、自分で考える」ということ

今年のアトリエ6年生の中にも数名の中学受験生がいました。昨日試験だった所が多かったようでしたが、その日の晩に「受かったよ~!」との本人からの連絡が。✨
アトリエに通うことを受験勉強の励みに、また、時には息抜きにしてくれたのかなと思います。
創造力とは、無から生み出す力、また柔軟な視点を持つ力です。
「自分で考えて、決める。」
その繰り返しが、自分の人生となる。
アート(図工・美術を含め)は、大袈裟でなく「生きる力」に繋がっているものだと思っています。
子ども達からの合格通知は、
「自分で切り開いたよ!」という報告にも思えて、とても誇らしい気持ちになりました。
ご家族の皆様、おめでとうございます。
創造アトリエ おおきな木

初めての木炭画 「セクシー大根」

今朝、地元の農家さんで、立派な大根を引き抜かせていただきました。
“セクシー大根” は取り合いに。^^
四年生を中心に、初めての木炭画です。
皆でかじった大根は、甘くて美味しかった。
モチーフの大根はお土産に。^^
協力:肥留間農園(川口市辻)

 

「描き初め」

2才~4才の親子クラスでは、毎年恒例の「描き初め」を。じーっと眺めていると色々なモノに見えてきます。^^
(記録写真をとるも暇なく…)