【オリジナル時計づくり】

少し前の制作ですが、とてもいい内容だっだので報告を。

昨年より手伝いに来てくれているスタッフがグラフィックデザイナー / イラストレーターとして活動している。そんな素敵な特技のあるスタッフには、是非に力を発揮してもらいたい!ということで、ロゴやフォントについて子ども達にレクチャーしてもらいました。

文字デザインの効果を、身の回りにあるパッケージや、みんなが大好きなゲームや映画のロゴやフォントを見比べて、どういう印象の違いを持つかを感じてもらう。それぞれに実感として受け止められたところで、さっそくオリジナル数字づくり。

スケッチブックを開けて頭を悩ませじっくり考えたそれぞれの文字(数字)に私達も大興奮でした。^^

文字(数字)が出来たら、幼児さんは、いくつかの幾何学のパーツを組み合わせて、時計本体をデザイン。小学生は、板から糸ノコをつかってオリジナルの形にカット。

時計機器をつけ、時計の針を装着し、

電池を入れ、カチ、カチ、カチ…と針が動き出すと、

歓喜の声が。^^

あたりまえのように見ているモノや、選ぶんでいるモノが、実はとってもよく考えられていること。実感できたかな。^^

*写真は小学生の一部です。たくさんありすぎて紹介しきれませんが、是非秋の作品展で実物を見に来てくださいね。