ゆっくりクラス

1年生の頃から通っているゆっくりクラスのお二人さんは現在6年生。ここ数年で、作風に個性が出てきている。それがまたいい味で、密かに私はファンである。

4年生位から子ども達だけで参加するようになり、親が見ていない中での2人のやり取りには、それぞれの役回りがあって、それはそれは、とても楽しそうなのだ。

こちらも作品展に展示します。^^

葉っぱのコラージュ絵皿

先週の落ち葉をつかった制作の続きを。今週はそれらをコラージュして絵皿にしました。皆がこだわりを持って制作している姿がとても印象的でした。1枚1枚がとても美しく、まるで絵画のようです。
これらの作品は、11月30日(土)・12月1日(月)に開催するアトリエ作品展にも飾ります。詳細は後日お知らせします。是非近くでみていただきたい。^^

落ち葉のフロッタージュ

秋晴れが続くこの時期ならではと、落ち葉を使った制作を。
アトリエの前は自然がいっぱいで、いろんな種類の木々が植えられています。
様々な葉の色や形や質感をじっくーり観察するのは、忙しい小学生を癒してくれるようで、どのクラスも楽しんで取り組んでいます。次週はこれらを使ってコラージュです。

【それぞれのハロウィンパーティー】

小学生クラスでは毎年この時期にハロウィンパーティーをしています。なかには、一年でこの日のアトリエが一番好き!と全力で計画をしてくる子も!クラスによって雰囲気が違うので、ホラー系になるクラスもあれば、カジノ系の雰囲気を漂わすクラスもあったり、血まみれはノー!ということで、お菓子作りをして穏やかなパーティで盛り上がるクラスもあります。

ホラー系を好むクラスでは、思いっきり仮装したり、ぶっとんだキャラになれるこの機会がたまらないようです。
勿論、キャラになりきることに全力の子もいれば、演出を考える子や、お友達にメイクをしてあげる子、また小道具や仕掛けをつくる子や、この日のスト―リーを考えてくる子もいたり…。

なんとなくチームになって“オチ”をつくり、「お迎えに来る親を驚かす!」という流れになっているようです。

Happy Halloween★

「カボチャマン、変身するッ!」

幼児クラスのハロウィンは、「カボチャマン、変身するッ!」を。

自分がカボチャマンになったなら、こんなポーズだってやっちゃえます。

仮面って不思議。^^

ハロウィン企画第2弾!

【閲覧注意‼️
ハロウィン企画第2弾!
ジャック・オー・ランタンに続き、「リアル・フィンガー」づくりを。
「驚かしたいなら、超リアルに作らなきゃ!」ということで、皆、本気モードに。

石膏の作り方は覚えてしまうと楽しいもので、初めてさわる子達もワイワイと。
そして何といっても、型から自分指が出てくる瞬間に皆、大興奮ッ!

着彩も、普段のレッスンで果物や野菜を描く時のように、物質の成り立ちを想像しながら。
「指の中身はどんな風になっているだろう?」と聞くと、みんな「血ッ!」「骨ッ!」と!
怪我した時のエピソードを聞きながら、指の中身を想像しました。^^

そして、骨→血管→肉(筋、筋肉、脂肪)→皮膚→爪の順番で色を作りながら塗っていきました。下の色が透けてなかなかのリアリティーが出ています。

次回はいよいよハロウィンパーティーです。^^

ハロウィン‼️

今年も皆が楽しみにしているこの時期がやって来ました。
まずはハロウィンのジャク・オー・ランタンを制作。

世界中には様々な形や色のカボチャがあることを知り、皆で作りたいカボチャの色を和紙染めすることに。

子ども達が和紙を干していると、ご近所のおじぃちゃんおばぁちゃんから「キレイな紙やなぁ~。何つくるの~?」と何度も声をかけられていました。^^

笑った顔、怒った顔、おとぼけ顔…。作った本人の人柄が出ていて面白い。^^
どうしても作りたいと、STAR WARSのデススターを作った子も。大人はガイコツ!^^

これらランタンは、最終日のハロウィンパーティーの演出に使います。^^