【卒業制作プロジェクト】

毎年6年生のいるクラスでは、ゲスト講師を招いた特別プログラムとして“卒業制作プロジェクト”を企画しています。

・「好き」を仕事にしている大人に出会う。
・自分達の「好き」は将来どのように繋がるのか?

アートやデザイン、モノづくりの広い世界の一コマを見せてあげたい思いからです。

今年は銅版画家の馬場知子さんに来ていただきました。
2ヶ月じっくり取り組みます。

*****

これまでには、(ブログより活動の様子をご覧いただけます)
2016年…「オリジナル椅子づくり」(計6コマ)hummingbird
https://ookinaki.wordpress.com/2015/09/

2017年… 「手紡ぎ糸による織作品づくり」(計6コマ)citron_studio
https://ookinaki.wordpress.com/2018/01/06/

2018年… 「クレイアニメーションづくり」(計6コマ)岡江真一郎氏(映像作家)
https://ookinaki.wordpress.com/2018/09/27

「ステンドグラスによるランプづくり」(2コマ)伊藤裕氏(工ステンドグラスアーティスト)
https://ookinaki.wordpress.com/2018/10/30/

2019年…「ファッションデザイナー体験」(計3コマ)秋山梓氏(ファッションデザイナー)
https://ookinaki.wordpress.com/2019/11/19/%E3%80%90

の企画をおこなってきました。

*****

先月からスタートした「銅版画」のレッスンでは、
初日、
・作家の活動紹介
・銅版画とはどういうものか?
・講師の作品鑑賞
・ミニワークショップ

と、お話と体験を織り交ぜて、テンポよく子ども達に分かりやすく教えていただきました。

とにかく、普段のアトリエにない、“刷り機”が運び込まれていることに、大興奮の子ども達!!^^

銅という普段あまり見かけない金属(10円玉ですね!)を手にし、それにグランドという茶色い液体をひき、そこにニードル(先に細い針がついたペンの)で描写、そして、描くことで膜がはがれた部分のみが、薬品に漬けこむことで腐食(溶ける)され溝ができる。その溝にインクを刷り込んで刷り機で刷るという…。(なかなかうまく伝えられませんが…(^-^;)
大まかにはそんな工程なわけですが、抽象表現を得意とする馬場さんからは、

「自身の意図した線や、無意識の痕(偶然現れる線や点など)を、自分なりに活かしていくように作ってみましょう。それを繰り返しながら制作を進めていくと、予期せぬ素晴らしい世界を目にすることになりますよ。それがこの制作の面白いところです。」

とアドバイスいただきました。

高学年のみんなが、それらをどう受け止めて制作していくのか…、今後注目すべきところかと今からワクワクしています。^^

*****

自分だけの世界は小さいけれど、繋がりをいかせれば、世界はどこまでも広がる。

そう思って、毎年この時期には、これまでのご縁を辿りながら様々なアーティストの方々にご協力いただいています。^^

創造アトリエおおきな木

Halloween♪

みんなが一大イベントのように楽しみにしている恒例のHalloweenに向けて、今年は“骸骨マスク”づくりに取りかかりました。^^

どんな材料を揃えておこうか、またHalloweenやメキシコの死者の日について、どんな話をしようかなと考えながら試作中です。

子ども達は、軽くこれらを超えてくるだろうと思いながら作る時間は毎回楽しくてしかたがありません。^^