月別アーカイブ: 2014年9月

自分の街を知ろう!第ニ弾 ~かわぐち食物・植物編~ 『お野菜大解剖!&プチ料理』(親子9/6、7、27)

7月から始まった『自分の街を知ろう!』シリーズ。第一弾は、かわぐち鋳物編でした。今回の第二弾では~食物・植物編~です。親子クラスでは『お野菜大解剖!&プチ料理』を行いました。

持ち物として、参加者の方々には川口産のお野菜や果物を持参くださるようにお願いしました。当日はこちらでご用意したものも含め、たくさんの川口産のお野菜が集まりました。(#^.^#)近くの農家でもらったものや、ご自宅のプランターで育てたもの・・・。私はJAあゆみ野さんで買いました。

東京都より荒川をまたいですぐ隣に位置する川口市。都市化が進んで駅周辺は見渡す限り、マンションや大型ショッピングモールやチェーン店ばかり・・。でも、今から50年前位まで遡ると、川に近い川口はたくさんの田んぼや畑があったのです。とくに、きれいな川のおかげで麦が盛んで麦味噌づくりやビールの生産にも適した土地だったようです。今年度はかわぐち麦MISO倶楽部の方々が、県産の麦をつかった麦みそ造りに成功したようです。また川口産の特産品といえば「防風(ぼうふう)」というのもお忘れなく。お刺身に添えられる「つまもの」で知られる防風は、日本食料理店で見かけることがあるかもしれませんね。川口の木曽呂地区を中心に栽培されており、川口産のぼうふうは全国シェアの95%を占めています。葉は薬味として、根っこは漢方薬としても使われているそうです。川口も東の方はまだまだ農作物の生産が盛んです。(*^_^*)

今回のワークショップでは、こういったことを親御さんにも知っていただくためにも考えました。地元のお野菜や地元の歴史を知ることで、お子さんにも伝えることができるし、一緒に地元に興味がもてると、自分の街が好きになりますよね。

ワークショップではそんなお話からはじまり、お野菜の匂いや触感を確かめたり、ダイナミックにお絵かきしたり、最後にはそのお野菜をピザの具としてトッピングして美味しくいただきました。この回はパパの参加率も高く、とても賑やかでした。

①②③④⑤⑥⑦

自分の街を知ろう!第ニ弾 ~かわぐち食物・植物編~ 『藍の生葉染め』(幼児9/13・小学生~大人9/20)

7月から始まった『自分の街を知ろう!』シリーズ。第一弾は、かわぐち鋳物編でした。今回の第二弾では~食物・植物編~です。幼児、小学生~大人を対象としたクラスでは『藍の生葉染め』の体験を企画しました。もちろん、藍の生葉からです。大量の藍の葉は地元の肥留間農園さんから仕入れました。初日はご指導にもご協力いただきました。

企画をする中で私も初めて知ったことがたくさんありました。藍染めの身近なものをいえば、私たちが日頃よく履いているジーンズなども昔は藍染だったとか。浴衣や手ぬぐい、のれんなどもありますよね。また保湿効果や防虫効果もあり、日本でも肌着として着用されていたこと。葉や茎を煎じて漢方薬として使われていたこと。またエジプトではミイラを保存するための包帯にも藍染が使われていたとか・・。そして、地元川口市(とくに鳩ヶ谷地域)では昔は藍の葉の生産も盛んで、藍染の職人もたくさんいたようです。現在ではその職人もたった1人。その職人を取り上げた展覧会が近々川口市立アートギャラリー・アトリアにて開催されるようです。

今回参加者たちは葉っぱを一枚一枚枯れたものと使えるものとの選別から始めるわけですが、それらを刻んだりミキサーにかけたり、、染めるまでの長き工程に疲れたり、楽しんだり・・。(葉に尺取虫がくっついて、子ども達は大騒ぎ。(^.^))予定より1時間以上も延長して、ハンカチと持ち寄った長袖Tシャツや、エコバック、ストール、また足袋などのような粋なものまで素敵に染めました。染めている間の待ち時間には、藍の葉を布に並べて「たたき染め」も体験しました。盛りだくさんの内容です。(^^)

ここに書き出せないくらい、工程の中にも面白い要素が。その楽しさは体験した人にしか分かりません。また来年も企画したいと思っています。お楽しみに♪

① ② ③ ④ DSC_6202mini⑤★ 1411485175342 ⑥ ⑦ ⑧ ⑩

最近の平日クラスの様子  つづき・・。

『リレー絵画』(小学生高学年)・・・おおきな紙にひとりづつ順番で思いついたもの、感じたことを描いていきます。はじめは具体的なもの人の顔が出てきたり、ふなっしーが出てきたり。(^^) 最終的には、「宇宙や森のように見えるね。」と。こういった開放的な創作活動はみんな好きですね。〝無心″になって思い思いに突っ走ります。(^_^)

14103634697661410363406016

 

最近は、アトリエのみんなの心もほぐれ、とってもオープンになってきました。そして学年は違えどみんな仲良し。とても温かい空気で私も嬉しいです。(#^.^#)

アトリエをOPENして、5ヶ月を迎えました。(最近の平日クラスの様子)

この春にアトリエをOPENし、ようやく5か月目を迎えています。はじめはクラスに1人、2人だったのも、幼児金曜日クラスは満員(定員6名。水曜日クラスは空きアリ。)になり、小学生クラスもすこしつづ増えてきました。現在13名の幼児~小学生がアトリエ平日クラスに通ってくれています。(#^.^#)

【創造アトリエ おおきな木】は、月に3回通う平日クラスと、単発参加が可能な週末クラスで構成されていますが、平日クラスと週末クラスでは、子ども達との関わり方にも少々違いがあります。イベント性の高い週末クラスでは、ダイナミックで勢いのある活動になりやすく、賑やかです。平日クラスは、一人ひとりの個性との関わりが深くなります。一人ひとりとの関わり・・というのは、結構時間がかかるもので、「ここは自分の居場所なのか?」を探っているのだろうな。。と思うことがあります。そしてようやく、私自身もみんなの個性が見えてきて、それぞれの付き合い方に慣れてきたように思います。

夏は出張のワークショップも多かったこともあり、なかなか平日クラスの様子をアップできていませんでしたが、少しづつ報告したいと思いまます。

『とうもろこしを食べる、描く』 (全クラス共通)・・・ とうもろこしのヒゲは一体なんなのか?また、粒を生で食べるとどんな味か?ご飯にして食べてみよう。そして描いてみよう。という取り組みです。黄色にもたくさんの黄色があり、味やにおいにも色がある。そんな五感から感じ取った色を紙の上にのせてゆく・・。そうすることで、個性あふれる絵になってゆきます。(#^.^#)

1 14103631764782 14103632082553 14103632784584 14103635321294 14103635854055 14103633387436 1410363371074

『シャボン玉をつくろう』(全クラス共通)・・・シャボン玉の魅力を再現したかったのには、以前に私自身が、アルフェテ工作室さんの企画するワークショップに参加させていただいた経緯があります。大人でもはまってしまう魅力には、シャボン玉を膨らます道具を自ら針金を使ってつくることにもあります。子ども達は始めに針金に触れ、色んな形に曲げて針金に慣れてもらいます。その次にお気に入りの形ができたら外にシャボン玉を飛ばしにいきます。なんども工夫して「大きく膨らませるもの」「小さいのがたくさん飛ぶもの」「シャボン玉の形がおもしろくなるもの?」などに挑戦してゆきます。とくに小学生クラスは、1時間30分のレッスンでは足りないくらい集中し、オリジナルを追及していました。外でみんなで飛ばすのも爽快です。そんな光景を見ていろんな人が寄ってくる雰囲気も素敵なんです。

1410363732113141036375134114103659368261411484382173

【出張ワークショップ報告② 「みんなで描く大きな絵~夜の森編~」】

こちらは4歳以上の回でした。小学2年生まで参加されました。未就学児は親も参加でにぎわっての制作です。やはり「イメージ」というのは経験から来ていたりしますので、都会に暮らす幼児たちには、森や林のようなイメージは想像つきにくいもののようです。そこで、参加するにあたって木の実や葉っぱを集めてきてください。と事前にお伝えしました。自分たちが持ち寄った枝や木の実や葉っぱが目の前にあると、すぐにみんな心が開きます。(^_-)-☆そして森のイメージをより引き出すために絵本も読みました。「空の絵本」作:長田 弘 絵:荒井良二 
森の中のとある一日。雨が降ったり、嵐になったり、雨が上がって雨粒がキラキラしたり、夕焼けが広がったり、満点の星空になったり、、。
大人になった私としては、この絵本は幼いころに過ごした、ながーい時間とあたたかい記憶。幼い皆にはこれからそんな素敵な時間をたくさん経験してほしいです。

カメラマン:富樫智子

sen_ws_1186mini sen_ws_1290mini sen_ws_1344mini sen_ws_1390mini sen_ws_1459mini

【出張ワークショップ報告① 「海にらくがき」 】

先週の金曜日に東川口にあるTanabikeさんにて出張ワークショップをさせていただきました。日頃は自分が進行しながら撮影しているので余裕ありませんが、今回はカメラマンに入ってもらえたことで発見がありました。それは『みんなの表情』!目がキラキラ輝いている!そして嬉しかったのが、私自身も、そして普段おおきな木の活動を支えてくれるスタッフ達の目もキラキラと輝いていたことでした。カメラマンはすかさず良い瞬間を撮ってくれますね。改めて感動です。
このワークショップは何度か回を重ねながら成長しています。3,4歳親子が中心だった今回は、「海」を知らない子もいます。そんな子ども達に、知らなくてもいいので、その子の中での「海」をイメージしてもらえるように導入を工夫しました。集めてきた貝殻を並べたり、水面というものを物質的に感じてもらえるようにコップ一杯のお水を用意したり、水中の効果音を背景に流してみたり・・。それらを感じながら、みんなで海の中のイメージを深めてきました。大きな海の底から始まって、最後はビニールシートを切り裂き、小さなナイロン袋に詰め込んで、一人ひとりの地球を作って持ち帰りました。
カメラマン:富樫智子

sen_ws_0849mini sen_ws_0918mini sen_ws_0970mini sen_ws_0988mini sen_ws_1119mini